7月頃までお休みします

アートを身近に感じることのできる「アトリエイグレック321」

アトリエイグレック321
棟方 由美子 さん

アトリエイグレック321
棟方 由美子 さん

2023年8月 七飯町にオープンしたお店

大阪から、七飯町に引っ越してきた棟方さん。
自然が大好きで、広いお家を駅の近くで探していたところ、七飯町に惹かれ、引っ越すことを決意したそうです。
七飯町は、とっても空気が綺麗で、大沼で暮らすことが棟方さんの将来の夢だそうです。

アトリエイグレック321では、作品作りにおいて大切にしていることがあります。それは、

使っていて、楽しくなり、幸せな気持ちになる器。
そんな特別な器になるよう、一から設計してデザインされているんです。
形を考えて、その形の器がテーブルに置いていたら、どんな気持ちになるのか?
どの粘土を使って、どの方法を使って作ったら一番その食器が輝けるのか、使いやすいのか。
どの色を入れて、なんの釉薬を入れるかを頭の中で全て考えてそれを形にしていきます。
頭で描いたものが作れるまでに、すごい時間がかかります。
納得してお客様の前に出すまで、幾度も試行錯誤を繰り返し、納得できたものだけを店頭に並べているんです。

私は今まで、食器について考えることが少なかったのですが、ここにきて、考えが変わりました。
何気なく使ってた食器。
ふとしたときに、今まで使っていた食器たちをみて、ただなんとなく買って、使っていたな。と、思いました。
そして、疲れてお茶を飲もうと思ったときに、違和感を覚え、「なんか、ときめきが欲しいな。」と思いました。
そう思えたのは、アトリエイグレック321の作品に出会い、棟方さんのお話を聞いたからです。

30年間勉強し、試行錯誤を繰り返してきたからできること。

棟方さんは、1992年〜1994年に、アメリカ・フロリダでアートを学び、
1994年には日本に戻り、1996年まで秋田県大館市「つちくら」にて陶芸を学びました。
その後、2009年大阪芸術大学工業学科卒業し、大阪にて作品制作、陶芸教室を行いました。

現在、手びねり・ろくろ・型・鋳込み(いこみ)
この4つの方法で作品を作っています。
ここまでできる方は、あまりいないと思います。
ろくろだけでも、使いこなすまでに8年かかると言われています。
長い時間きちんと学んできたからこそ、どの食器には、どの方法が良いというのを熟知しているんです。

伝えたい思い

棟方さんは、アートを生活に取り入れて、その人が元気になり、素敵な生活のお手伝いになればという思いで、作品を作っています。
ただの食器屋にはなりたくない。という思いがあり、そのためにはどうしたらいいのか。
空間マネージメントをすることで、来店してくれたお客様の気持ちが少しでも豊かになるよう様々な工夫をしています。

生活全般の作品を作っています。

食器、花器(花瓶)、ベリーボール、アフリカシリーズ(カバ、キリン、ぞう)など、生活に使うものは基本的に作ることができます。
お店で人気なのが、ベリーボールになります。
私も購入して使っていますが、とっても可愛くて、使いやすいので凄くお気に入りです!

オーダーメイドや陶芸教室も行っています。

アトリエイグレック321ではオーダーメイドも行っています。
店頭に置いてある作品の色違いや、自分で作りたい作品イメージをイラストに書いて、それを作ってもらうことも可能です!
※オーダーメイドの作品は、完成するまでに1ヶ月ほどお時間がかかります。
陶芸教室も行っているので、自分で形にしたい!という方や、ご興味のある方は、お問い合わせください!
気軽に始めることができるのって、凄く嬉しいですよね。

陶芸教室の詳細情報

所要時間

2時間

料金

3,500円

持ち物

エプロン

日にち

要相談

所要時間  ・・・  2時間
料金    ・・・  3,500円
持ち物 ・・・  エプロン
日にち  ・・・  要相談

会社名

アトリエイグレック 321

住所

北海道亀田郡七飯町本町3丁目19-25

駐車場

駐車するスペースあります。

営業日

月曜日 定休日
火曜日 定休日
水曜日 定休日
木曜日 定休日
金曜日 12:00-17:00
土曜日 12:00-17:00
日曜日 定休日

臨時休業やお店の情報などはInstagramよりご確認ください!

連絡先

お電話はこちらから

連絡先

お電話はこちらから

07047310321

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

たくさんシェアしてね!